教育相談係
どう動き どう楽しむか
和井田 節子/著 ほんの森出版 定価(本体1,600円+税)
初版2005年7月 ISBN4-938874-48-2 C3037 品切れ・重版未定

<一言コメント>
明日から使える相談係の知恵袋!
*本書は『月刊学校教育相談』2005年7月増刊号を単行本化したもので、内容は同一です。

<もくじ>
第1章 相談係になったら
 教育相談の三つの機能
 学校教育相談定着のプロセス

第2章 スムーズな教育相談システムづく
 情報収集とその活用法
 職員研修をシステム化する
 チームによる子ども支援―校内のリソース活用法
 学校外との連携―学校外のリソース活用法
 教育相談室のつくり方―相談室レイアウトで押さえておきたいポイント

第3章 困難を抱える子どもをエンパワーメントするために
 どこをどのようにエンパワーするか
 学習支援を通して
 家族・人間関係への支援―担任と連携してSSTを生かした取り組み
 非行的な子ども
 キレやすい子ども
 いじめへの介入

第4章 相談係の仕事を広げ
 保護者への支援
 困っている同僚へのサポート
 秩序をつくる教育相談

コラム
 アドラー心理学/相談係の学校運営への提言/ソーシャルスキル・トレーニング/子どもの立ち直りをうながす対応/危機介入法―キレている最中の子どもへの対処法/いじめ/相談係の危機対応/ルール違反者への対応−アドラー心理学とCPI

<立ち読みコーナー>
この本の「はじめに」を読む

書籍の一覧表に戻る
トップページに戻る