自殺予防いのちの電話 理論と実際
日本いのちの電話連盟 編
ほんの森出版 定価(本体2,000円+税)
2009年9月発行 A5判 264ページ ISBN978-4-938874-65-0 C3011

<一言コメント>

いのちの電話の基本理念や歴史、活動の記録、研修の様子、将来への課題など、いのちの電話の全体像を知ることができます。

<おもな目次>

序章 人はなぜ自殺するのか?
              …………………………………… 樋口和彦

1章 いのちの電話の基本理念と歴史
              ………………………………… 斎藤友紀雄

2章 自殺予防を目的とする電話相談
   −自殺の実態と危機介入理論 …………………………… 白井徳満

3章 援助活動の多様性とその特性−現状のあり方
 1節 電話相談 ………………………………………………… 林 幹男
 2節 電話相談からの拡がり
  1 FAX相談 ……………………………………………… 林 幹男
  2 インターネット相談 …………………………………… 田村 毅
  3 電話による医療相談 …………………………………… 白井徳満
 3節 対象の拡がり
  1 在日外国人対象の電話相談 …………… 福山清蔵・斎藤友紀雄
  2 自死遺族支援 …………………………………………… 田中ヤ子

4章 ボランティアによる援助活動
               ………………………………… 眞壁伍郎

5章 いのちの電話相談員の研修
 1節 養成研修 ………………………………………………… 福山清蔵
 2節 継続研修 ………………………………………………… 田中邦子
 3節 研修の多様性 …………………………………………… 福山清蔵
 4節 相談員のケア …………………………………………… 加藤博仁
 5節 相談員の成長 …………………………………………… 日正宏
 6節 相談員の倫理 ………………………………………… 平田眞貴子

6章 いのちの電話相談に現れる諸問題
 1節 死に急ぐ人たちの諸問題
  1 性・自殺 ……………………………………………… 有田モト子
  2 心の病・多重債務など ………………………………… 塩山二郎
  3 家族と友人の狭間の青少年の孤独 …………………… 今川民雄
 2節 電話依存の問題について ……………………………… 高木総平
 3節 ライフサイクルにおける危機と諸問題 ……………… 出村和子
  1 乳児期〜熟年期 ………………………………………… 出村和子
  2 老年期 …………………………………………………… 冨安兆子

7章 自殺予防いのちの電話
 1節 自殺傾向のある利用者への基本的対応 ……………… 福山清蔵
 2節 フリーダイヤル「自殺予防いのちの電話」の実際
    その始まり、実施状況、研修、課題、統計資料
               ……… 岡本正子・八尾和彦・田中邦子

8章 いのちの電話の将来と課題
 1節 「電話による援助」再考 ……………………………… 林 幹男
 2節 “かからない”いのちの電話の克服に向けて ……… 白井徳満
 3節 IT機器活用インターネット相談ほか …………… 田村 毅
 4節 社会の変化といのちの電話の課題
    −コミュニティとの連携強化を ……………………… 日下忠文

9章 組織・運営社会福祉・社会貢献事業としてのいのちの電話
 1節 法人としての「いのちの電話」の成立 …………… 斎藤友紀雄
 2節 いのちの電話における運営の実際 …………………… 長尾文雄

 日本いのちの電話連盟設立年譜 ……………………………… 常廣澄子
 日本いのちの電話連盟 加盟センター相談電話
 電話相談関連基本文献

 自殺防止補助事業推進委員会として ………………………… 榊原高尋
 編集を終えて …………………………………………………… 出村和子

 
執筆者一覧


書籍の一覧表に戻る
トップページに戻る