新しい学校教育相談の在り方と進め方
教育相談係の役割と活動
栗原 慎二/著 ほんの森出版 定価(本体1,600円+税)
初版2002年9月 ISBN4-938874-31-8 C3037

<一言コメント>
学校教育相談が、学校でうまく機能するためには、どのように考え(理論)、何をしたら(実践)いいのか

<もくじ>

第1章 学校教育相談についての基本的な考え方
第2章 学校教育相談の輪郭
第3章 学校教育相談活動の実際
第4章 学校教育相談論の歴史と分析

<著者紹介>(2015年 第5版発行時)
栗原 慎二(くりはら しんじ)
広島大学大学院教育研究科附属教育実践総合センター教授
埼玉大学教養学部教養学科(思想哲学コース)卒業後、同大学院文化科学研究科修士課程修了。その後、社会科教諭として18年間埼玉県内の公立高校に勤務。教育相談とは教師生活の始まりとともにかかわる。その間、兵庫教育大学大学院学校教育研究科(生徒指導コース)修士課程修了。博士(学校教育学)。

<立ち読みコーナー>
この本の「はじめに」を読む
この本の「おわりに」を読む


一般社団法人学校教育開発研究所(AISES)では栗原慎二先生をはじめ、充実した講師陣の研修コンテンツが提供されています。

書籍の一覧表に戻る
ホームページに戻る