表紙写真 子供とのかかわりに生かす
カウンセリング・テキスト
佐谷 力/著 ほんの森出版 定価(本体1,200円+税)
初版2000年6月 ISBN4-938874-15-6 C3037

<一言コメント>
「身近な例題で、こんなにわかりやすくカウンセリングを学べるテキストは、初めてです」と、大好評の本です。カウンセリングの基礎の基礎を学びたい人に最適です!

<もくじ>
1 カウンセリングの理論と技術
 はじめに
T カウンセリングとは何か
U カウンセリングの展開
 1<悩みの発生>
 2<出会い>
 3<共感>
 4<傾聴><洞察>
 5<終結>
V 聴き方のいろいろ 10
 1<共感>
 2<保証>
 3<促し>
 4<繰り返し>
 5<言い換え>
 6<要約>
 7<明確化>
 8<沈黙>
 9<質問>
 10【練習】への返答例
W 聴き方で大切なこと
X 言葉以外で伝わるもの
 1<クライエントから>
 2<カウンセラーから>
Y カウンセラーに必要なこと
 1<勉強すること>
 2<自分を知ること>
 3<スーパーバイザーをもつこと>
 4<秘密を守ること>
 5<環境を整えること>
 6<ふりかえること>
Z カウンセリングの実際
[ カウンセリング用語
 1<カウンセリングマインド>
 2<動機づけ>
 3<危機介入>
 4<抵抗>
 5<転移>
 6<その他>
2 人間関係に生かすカウンセリング
T 生活に生かすカウンセリング
 1<身近な人間関係の中で生かす>
 2<コミュニケーションのつまづき>
 3<まとめ>
U 学校に生かすカウンセリング 48
 1<対応の仕方T>
 2<対応の仕方U>
 3<叱ることについて>
V ほめるということ
 1<意欲を育てる>
 2<追認的なほめ方>
 3<ほめる側の感受性>
 4<開発的なほめ方>
 5<大人をほめる>
W 家庭に生かすカウンセリング
 1<母親と子供>
 2<妻と母の間の夫>
X 子育てに生かすカウンセリング
 1<共感性を育てる>
 2<エネルギーを与える>
 3<価値観を押しつけない>
 4<叱り方を考える>
 5<スーパーバイザーを持つ>
Y 子供とのかかわりチェック
Z 子供とのかかわりのヒント

<著者紹介>(初版時)
佐谷 力(さたに つとむ)
 カネボウ化粧品株式会社入社後、小学校教諭を経て大阪府立西浦高等学校教諭となり教育相談室を開設。1996年、論文「教員を巻き込む教育相談活動」により第45回読売教育賞「教育カウンセリング」部門最優秀賞。
 大阪府立松原高等学校教諭(教育相談係)、大阪府高等学校生活指導研究会教育相談部専門委員。

<立ち読みコーナー>
この本の「はじめに」を読む

書籍の一覧表に戻る
ホームページに戻る