親と子が幸せになる「XとYの法則」
田村節子/著 本間綾子/イラスト
ほんの森出版 定価(本体1,200円+税) *品切れ・重版未定
2007年7月発行 四六判 96ページ ISBN978-4-938874-58-2 C0037

<ひと言コメント>
 イラストたっぷりで、わかりやすく解説。持っているだけで、幸せな気分になれる本!
NHK教育やNHK総合の「となりの子育て『どう向き合う!? 反抗期」(初回放送は2009年9月19日)や、『日経新聞』(2009年8月13日夕刊)で、この「XとY」の法則が紹介され、大きな反響を呼んでいます。

<おもな目次>
 はじめに
子どもたちの"声なき声"
子どもの成長のプロセス
幸せになるXの法則と,幸せが遠くなるYの法則
 幸せになるXの法則
 幸せが遠くなるYの法則
幸せになるXの法則−5つのアイテム
 その1 耳
 その2 目
 その3 口
 その4 手
 その5 頭
幸せが遠くなるYの法則−5つの落とし穴
 その1 口のだしすぎ
 その2 手のだしすぎ
 その3 あたえすぎ
 その4 期待のかけすぎ
 その5 きびしすぎ
Q&A
 ムカッときたときの対処法
 さけたいしかり方
 しかり方のコツ
 ほめ方のコツ
 子どもの悩みを聞く方法
 反抗期のかかわり方
 「いい子」の親へのアドバイス
がんばり屋さんのあなたがひと息つくコーナー
 おわりに

【読者からのひと言感想】
 あるお母さんが「先生が、お便りの裏に印刷してくれた『XとYの法則』を読んで、ものすごくホッとして、勇気づけられました」とおっしゃっていました。きっと、この本の最初のほうに書いてある、「『うるさい』などの反抗の言葉が出てきたら、子育て大成功と思ってください」あたりを紹介したときの感想だと思います。
 そして、保護者懇談会で、「XとYの法則」の図を紹介したところ、保護者にとって、けっこうインパクトがあったようです。保護者懇談会のあと、「うちはYまっしぐらだね、先生」とか、「めざせXだね、先生」などと、口々におっしゃっていました。
 この『親と子が幸せになる「XとYの法則」』は、お母さんたちに勇気と力を、そして考える機会を与えてくれる、素晴らしい本だと思います。
                       
(北海道・K先生)


書籍の一覧表に戻る
トップページに戻る