相談活動に生かせる15の心理技法
「月刊学校教育相談」編集部/編 ほんの森出版 定価(本体1,600円+税)
初版2004年7月 ISBN4-938874-43-1 C3037

<一言コメント>
学校教育相談の中には、さまざまな心理技法が取り入れられていたり、取り入れることが可能です。
それらの心理技法にはどのようなものがあるのかを整理し、学校での活用方法を紹介します。
*本書は『月刊学校教育相談』2004年7月増刊号を単行本化したもので、内容は同一です。

<もくじ>

心理技法を学校教育相談にどう取り入れたらよいか…栗原慎二

1 構成的グループエンカウンター……………………岡田 弘

2 ピア・サポート………………………………………小川康弘

3 アサーション…………………………………………鈴木教夫

4 ソーシャル・スキル教育……………………………青山洋子

5 教師学………………………………………………高野利雄

6 表現療法(スクリブル・コラージュ・箱庭)……長坂正文

7 セルフ・カウンセリング……………………………生井 修

8 交流分析…………………………………………今西一仁

9 アドラー心理学…………………………………和井田節子

10 ブリーフセラピー…………………………………小林 強

11 内観法……………………………………………齊藤 優

12 フォーカシング……………………………………天羽和子

13 サイコドラマ………………………………………堀川真理

14 論理療法………………………………………加勇田修士

15 選択理論…………………井上千代・櫻田智美・三好敦子



書籍の一覧表に戻る
トップページに戻る