子どものこころを育てる「ひとこと」探し
菅野 純/著 ほんの森出版 定価(本体1,600円+税)
初版2002年8月 ISBN4-938874-32-6 C3037

<一言コメント>
「教育の言葉」を磨くためのヒントや、「ひとこと」の実例がいっぱいです。

<もくじ>
第1章 子どものこころを育てる先生のひとこと
 子どもをどう呼ぶか
 一人ひとりの子どもを表現する言葉
 子どもに元気を与える言葉
 子どもをたしなめる言葉
 存在をかけてたしなめる
 子どものこころに応える言葉
 思考を育てるひとこと
 身体からこころに届く言葉
第2章 「子どもを育てる言葉」のレッスン
 いいところを探す言葉の修行
 プラスの変身をフィードバックする
 ほめ言葉の構造
 こんな言葉でほめられた
 子どもを育てる言葉集めのヒント
 問題解決力を育てるひとこと
 こころに突き刺さった言葉
 「being」の世界からの言葉
 教師のノンバーバル行動
第3章 こんなとき、こんな子へのひとこと
 ウソをつく子へのひとこと
 テスト評価のきわめて低い子どもへのひとこと
 不登校の子どもへの間接的なひとこと
 引きこもる子への言葉かけ
 虐待を受けている子どもへのひとこと
 くじけそうになる子への背後からのひとこと
 すさんだこころを救ったひとこと
 「ひとこと」をわが子にも

<著者紹介>(初版時)
菅野 純(かんの じゅん)
 宮城県生まれ。
 早稲田大学大学院修士課程で、発達心理学および臨床心理学を専攻。
 1973年より14年間、東京都八王子市教育センター教育相談員として、2歳から20歳までの子どもたちの様々な問題の相談業務に従事する。
 1987年より早稲田大学人間科学部教員として、学校カウンセリング、教育臨床、臨床と文化などの授業・ゼミを指導。並行して東京都内の教育相談機関や情緒障害学級のスーパーバイザーをつとめる。また、小・中学校教諭や保護者との学習会を、東京と神奈川で16年間続けている。
 著書多数。

<立ち読みコーナー>
この本の「はじめに」を読む(準備中)
この本の「あとがき」を読む(準備中)

書籍の一覧表に戻る
トップページに戻る