学校カウンセリングの基本技法
長坂正文/著 ほんの森出版 定価(本体1,800円+税)
初版2000年5月 ISBN4-938874-13-X C3037

<一言コメント>
理論と実践に裏打ちされた様々な「技法」を具体的に解説。とことん「学校現場で実際に役立つ」という観点でまとめられた本書は、学校カウンセリング技法の「何を」「どこまで」学ぶかを明らかにしました。

<もくじ>
  はじめに
I  学校におけるカウンセリングの最近の動向
 1 これまでの教育相談の流れ
 2 教師カウンセラーとして何ができるか
 3 まとめ
U 学校カウンセリングとは
 1 学校カウンセリングの定義
 2 教育相談とカウンセリング、それぞれの専門性
 3 三大理論を学ぶ
V 学校カウンセリングの技法
 1 構造
 2 聴く
 3 受容と共感
 4 わかる
 5 表現する
 6 転移・逆転移
 7 曖昧さに耐える力
 8 接点
  @漫画
  A映画、小説
  B絵本
  Cコラージュ
  DMSSM
  E6箱庭
  Fゲーム、スポーツ
  G夢
 9 関係継続
 10 バランス感覚
 11 能動性
 12 笑い
 13 心理検査
W 学校カウンセリングの問題点
 14 記録
 15 母親面接
 16 訪問面接
 17 連携と秘密の保持
 18 相談室の運営
 19 相談室のPR
 20 相談の組織
 21 研修
V まとめと三つのレベル
 1 二一の技法や問題点
 2 初心者のレベル
 3 中級者のレベル
 4 上級者のレベル
 おわりに

<著者紹介>(初版時)
長坂正文 (ながさか まさふみ)
1957年、愛知県に生まれる。1984年、愛知教育大学大学院発達臨床心理学専攻修了後、愛知県立高等学校教諭となる。
日本学校教育相談学会認定学校カウンセラー。日本心理臨床学会、日本教育心理学会、日本学校教育相談学会、日本箱庭療法学会会員。
【おもな論文・著作】
(いずれも分担執筆)『今なぜスクールカウンセラーなのか』 1998 ミネルヴァ書房、『臨床心理学3 コミュニティ心理学とコンサルテーション・リエゾン−地域臨床・教育・研修』 2000 培風館、その他、論文多数。

<立ち読みコーナー>
(準備中)

書籍の一覧表に戻る
ホームページに戻る